探偵に浮気調査をお願いして

探偵に浮気調査をお願いして、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。
信頼のできなくなったパートナーと一生を共にするのはストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。
それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求したならば間違いなく別れさせられるはずです。
浮気の確証を手に入れるには最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。ところが、探偵に頼むと費用がかさむので、誰でも容易に依頼することのできることではありません。探偵に浮気の調査を頼んだら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ調査料は変わってきますから、調査を依頼する前に見積もりを頼むべきです。
浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が見つかったならば、離婚するか気づかないままにするのか心が乱れますよね。
まずは落ち着いて、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。
相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚しないままの方が良いこともあります。
ご夫婦に子供がいる場合ですと特に配偶者の浮気が確実なものになったからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、一人で育てていくのは容易ではありません。それは男性の場合であっても同様で簡単に仕事と両立することはできないでしょう。浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費とは具体的には交通費や写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査員の食事代が足されるケースもあるようです。時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、費用を算出します。調査にかかる期間が短くて済めば請求金額も少ないです。