看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1回あります

看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1回あります。
看護師の人数の不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を持ち続けています。
看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格を勝ち取ることのできる試験です。
産業看護師とは、企業に勤務する看護師です。
看護師といったら病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室を置く会社もあり、そういう場所に勤務している人もいます。仕事の内容や役目は勤務する会社によって色々ですが、社員達の健康を維持し、管理することは必ずすることだと思います。看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊な体制であり、勤め先によっても違ってきます。
体制は一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。
2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方が人気があります。看護師国家試験に合格するよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいことだという人もたくさんいます。
看護学校はそれほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年してしまうようです。
そういう厳格な学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。
看護師の働き先といえば、病院と想像するのが普通でしょう。
しかし、看護師の資格を使える職場は、病院の他にも色々とあります。
保健所において保健師と連携し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。
看護師の資格を手にするには、何通りかのパターンがあるでしょう。看護師免許を手にするためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。
試験を受けさせてもらうためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護を学ぶという条件があります。
なぜ看護師になろうと思ったのかは実際、どんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを交えれば良い印象になります。
転職の理由は今までに培ったスキルを活かしたい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。
以前の職場への批判などは口にしないことが大事です。
高校進学時点で衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。
ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは大変です。
さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、短い準備期間のために勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格が困難という側面もあります。
全国の看護師年収は平均して437万円くらいです。ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。公務員看護師は給料の上昇する率も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。看護師が転職をするには、将来の自分のことを想像して迅速に行動を起こす必要があります。さらに、何を重点的に考えるのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。
将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに沿った転職先の情報を集めるようにしましょう。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も数え上げておきましょう。